幼児・低学年で上手くなるために必要な5つのこと


こんにちは
谷田部です。

今日は低学年や幼児のお子さんを持つ親御さんの
「上手くしたい。」
に答えるべく内容を書いていこうと思います。

良いお手本を見せる・触れさせる

 

多感なお子さんたちにとってサッカーの場合は
”耳”から入る情報よりも、”目”から入る情報が非常に重要になります。

全てはマネから始まります。
そうした時にサッカーの場合、正しいフォームのプレーを見る。ということが必要です。

口でいくら言おうが、下手な手本を見せるくらいならみない方がよほどいいです。
プロの映像を見るよりも、生で近くで見ること
これに勝るものはありません。
教える。よりも一緒にやってくれる。が重要です。

色々な経験をさせる

サッカーを上手くしたい。
と思うとサッカー三昧になりがちです。

しかし、だからこそ、いろいろな経験をして欲しいのです。

例えば、サッカーの場合、上半身が弱い選手がとても多いです。
または体の使い方もいまいち、、、
など色々なスポーツや遊び、習字やピアノ、水泳、塾など
サッカー以外の経験をより多くできるかで先々の伸びが変わってきます。

楽しく「遊び」の中の一つとしてサッカーを入れる

上記したように、サッカーだけを集中してやりすぎないことが重要です。
特に幼児や低学年はしっかりと興味を持って、「楽しい」と思わせること。

自身がこの「道」でやりたい。
と思わせる導入期をいかに遊びの延長に置くか、、、

ここが大人の一番大切な役割と言えます。

変な大人に関わらせない

サッカーを楽しく
遊びの延長で

と思っている親御さんをよそに、世の中には変な熱さを持ってサッカーを教え込もうとする
自称指導者が大勢います。

親御さんはこうした変な大人を大切なお子さんにあてがわないようにしていく義務があります。
下手な形で放置すると、精神的にお子さんがトラウマとして引きずります。

普段の生活同様、関わらせる人間を選ぶこと。
がサッカーでももちろん大切です。

親が熱くなりすぎない

ここまで読んで頂いている親御さんであればあり得ないと思うのですが、
お子様本人以上に親が熱心になりすぎないこと

子供たちは思っている以上に親御さんの期待を感じ取っています。
その熱は、決していい方に行くことがない。
と断言します。

大抵熱すぎる親御さんのお子さんはプロになるどころか途中で挫折します
あくまで子供が主役、親はサポートに徹することが大切です。

まとめ

いかがでしょうか。
幼児や低学年のお子さんを上手にしてあげたい。
と思った時に今すぐ出来ることはいくつもあります。
まずは大人は冷静に、サッカーサッカーになりすぎないことが大切です。
ご参考ください。

谷田部

メールマガジンも開始
【ブログでは書かない話】
www.mag2.com/m/0001695918

最新情報やブログ更新通知が無料で届く
lin.ee/PBwd93y

無料でブログの更新が届くメルマガ
www.mag2.com/m/0001696003

メルマガ詳細 メルマガ詳細

お問合せ

サッカー家庭教師谷田部の評判やレビュー

どんなことが改善できるのか?個人レッスンbefore→after事例集

関連記事

  1. さっきTBSの○○という番組から電話がありました。

  2. 【暴露注意】2022のJ下部セレクション事情

  3. 谷田部が最近行っていること

  4. 目の使い方でサッカーがめちゃくちゃ変わる話

  5. 夏休み前だからお早めにご連絡ください。

  6. 初心者には「楽しい」を実感させ続ける個人レッスンを

今すぐとにかくキック力シュート力を上げる方法2(スピード編)実践 インステップキック

リフティングで出来る!自主練習8種

【球際に強くなる!当たり負けしない!キープ力を高める方法】 球際と腕の使い方の解説